BLOG

2021.07.17

カテゴリー
新卒社員

夏本番に向けてクールビズファッションを楽しむポイント

こんにちは、事業管理部の佐藤です。

7月にも入り、いよいよ夏本番が近づいていますね…。

今年は、平年よりもやや気温が高く、全国的に暑い夏になるというニュースを目にしました。夏に向けて、熱中症対策を心がけて、体を慣らしていきましょう。


近年、いろいろな冷却グッズが数多く見られますが、ファッションの工夫ひとつでも涼しく過ごすことができます。

ファッションということから、最初に建新の『ファッショニスタ制度』という制度をご紹介いたします。この制度は、TPOに応じて、ビジネスシーンでも一人一人の個性やパーソナリティを生かせる制度となっています。

私は当社の入社説明会の時に、この制度を知りました。個性を尊重する考えや、自分の体調や気分に合わせて働きやすい服装で働けるという社員想いなところにも、当社の魅力を感じたのを今でも覚えています。

本日のブログでは、当社のファッショニスタ制度に併せて、夏本番に向けて、『クールビズ』についてのお話をさせていただきます。学生時代にアパレルでアルバイトをしていた際に培かった経験を少しでも生かして皆様にお伝えできればと思います♪

まず、女性も男性も共通して「色」はとても重要です。

夏ということでつい暖色系を選んでしまいがちですが、極力、ブルーや白、グレー、ベージュなど寒色系やパステルカラーを選ぶと涼しげな印象を与えられます。

女性はスカートやパンツにパステルカラーを取り入れて、男性はシャツの色や柄で工夫してみましょう。

また、真っ白なシャツは、一見涼しげに見えそうですが、実は膨張効果もあり、引き締まって見えません。細めのストライプシャツなどが効果的です。(ストライプは細めの方がより洗練された着こなしになります)

そして、ご存じの方も多いかと思いますが、夏におすすめの生地は「麻」(リネン)です。

麻は、コットンの4倍も吸水性があり、風通しがよく速乾性にも優れているため、夏に最適な素材となっています。シャツを選ぶ際は色や柄はもちろんですが、生地にも着目してみてください。


一部ではありましたが、クールビズについてお話しさせていただきましたが、いかがでしょうか。

2017年度から服装の可否等ルールを設けていたクールビズですが、小泉進次郎環境大臣の「ネクタイを締めるかどうかは、一人ひとりが決めていくことが大事」といった発言により、今年度から各地域の状況や日々の気温、個人の体調や感じた方によって個人差があるので個人の事情によって快適で働きやすい軽装で業務を行ってもらうことを呼びかけるようになりました。

建新では、快適で働きやすいことはもちろん、社員の方々の個性あふれる素敵な夏のファッションを楽しみにしております♪

皆様もご自身の体調と相談しながら、クールビズファッションを楽しんでみてくださいね!!