BLOG

2021.08.16

カテゴリー
新卒社員

大切な人を守るために、ただいま手洗い

こんにちは、横浜店営業部の南方です。

8月も中盤に入り、お盆に突入しましたね。

海や山に行ったり、バーベキューをしたりと夏らしいことを沢山したい!という気持ちの一方で、連日新型コロナウイルス感染者数増加のニュースを目にして外出を控え、ステイホームの楽しみ方をいろいろと考えながら過ごしています。

当社は、コロナ対策として、お客様が安心してご来店いただけます様に下記のような対策を実施しております。

・ソーシャルディスタンスの確保やマスク着用の徹底
・入室前のアルコール消毒や検温実施
・会議室のテーブルに透明のアクリル板の設置、マスク着用
・お客様へお出しするドリンクは、ペットボトルにする

もともと日本人は外出から帰宅時での、「手洗いとうがい」は習慣付いていますが、近年、その習慣の大切さが、より見直されているようです。

自宅でのリラックスした家族の時間でも、家庭内でのクラスター発生の可能性を考えると家に帰ってきた際は手洗い、うがいを徹底したいですよね。

そんな時に便利なのが玄関入ってすぐの手洗い場。当社では「ウェルカム洗面」と称していますが、最近では多くの物件でトレンドとなっています。

本日のブログでは、玄関前の手洗い場の良さについてお話ししていきたいと思います♪

【手洗い場のメリット】

①室内のどこにも触れず手が洗える!

帰宅後は洗面所へ直行し、手洗い・うがいをされる方も多いのではないでしょうか。

しかし、洗面所へ向かうあいだにも、ドアや壁、電気のスイッチを付けたりと手を洗う前に無意識にさまざまな場所を触ってしまいます。
玄関に洗面所があるので、帰宅時に室内のどこにも触れずに、「手洗い、うがい」ができるので、安心ですね。

②手洗い・うがいの習慣化!

家に帰ったときに、すぐ手を洗うことも、たまに面倒くさくなったり、無意識に手を洗うのを忘れてしまうことがあるかもしれません。小さなお子様には「あるある」なことですが、今の時期は特にお母さんの心配の種になりますよね。

玄関入ってすぐに手洗い場があると、自然と「手洗い・うがい」ができるご家族にとっても、お客様にとっても、素敵なルーティンになります。

また、廊下や玄関という限られたスペースに設置するため、シンプルでかつコンパクトなデザインも特徴の一つです。

自分自身だけでなく、大切な人の健康を守るためにも、エントランススペースに手洗い場を設けてはいかがでしょうか。

今後も建新では、お客様に大切な人との快適で安心な生活をお送りいただけますような住まいのアイデアをご提案できるようにチャレンジし続けてまいります。