BLOG

2021.06.04

カテゴリー
新卒社員

インテリアに最適な観葉植物

こんにちは。

2021年4月に入社いたしました、新卒ブログチーム第一号を担当させていただきます事業管理部の佐藤です。

私は、建新に就職してから一人暮らしをしていますが、実家で育てていた3種類の観葉植物を持ってきて、育てています。

観葉植物は部屋の雰囲気がおしゃれに見えるので、お家に置いている方も多いと思いますが、

インテリアとしての見栄えだけでなく、それぞれにお花と同じように花言葉があるということをご存じですか?

今回は、私が愛を込めて育て、最近新たな葉がめまぐるしく生まれ続けている3種類の観葉植物についてご紹介していきたいと思います。

まず一つ目が大きな葉が特徴で南国の雰囲気がある【オーガスタ】です。

オーガスタの花言葉には、『輝かしい未来』という意味があります。

周囲の人たちがバックアップしてくれる「後援運」や「子ども運」をあげる観葉植物とも言われているそうです。観葉植物のオーガスタは、初心者の方でも育てやすい観葉植物で、葉が落ちにくく、葉先が丸めな葉は人間関係も円満に。。

2つ目はうちわのような葉に深い切れ込みが入った葉っぱが特徴の【モンステラ】です。

モンステラは、金運を上昇させる観葉植物として注目されています。しかし全体的に運気の流れを良好にするので、恋愛運や結婚運も上昇させるそうです。

葉っぱから差し込む光の様子から、ハワイではモンステラの葉が希望の光を導くとの意味もあり、開店祝いや移転祝い、新築祝いといった新たな門出のプレゼントに利用されます。

また、モンステラのような丸みを帯びた葉は優しさをもたらすので家庭円満につながるともいわれています。

そして最後は別名「虎の尾」という名前の通り葉の模様が虎のしっぽに似ている【サンスベリア】です。

このサンスベリアは、祖母の実家である岐阜県から持って帰ってきたのでとても思い入れがあります。

枯れ果て、小さなサンスベリアでしたが、植えなおし一生懸命育て、ここまで立派になりました。

サンスベリアは表面に縞柄の模様が浮かぶなどユニークな見た目で楽しませてくれるところも特徴的です。                        また、鋭く尖った葉っぱの形が邪気を払って、悪い空気を浄化する効果があります。そのため、古くから魔除けや厄除けとしても重宝されているようです。

以上、佐藤家の3種類の観葉植物をインテリアとして楽しみながら、それらの花言葉や効果をご紹介いたしました。

観葉植物はたくさん種類がありますし、配置する方位によっては風水が変わったりするそうなので、気になる方はぜひ調べてみてください!